みきの映画とぐるめと美容ブログ♪

美味しかったお店、美容のこだわり、映画の感想を綴っていきます♪

ハウルとソフィーのシンデレラストーリー!?「ハウルの動く城」

こんにちは、藤井美樹です☆


ジブリ映画ってどうして何度観てもまた観たくなるんでしょうか(*´∇`)ノ


タイトル:ハウルの動く城
製作国:日本
製作年:2004年
時間:119分
ジャンル:アニメ

eiga.com


主人公のハウル役の声優を木村拓哉さんが務めています♪
この映画が公開になったとき「木村拓哉が声優なんて、しっくりこないにきまってるよ!」という下馬評を覆して、ハウルがものすごーくかっこよかったことをハッキリと覚えています(*ノ´∀`*)ノ


ソフィーとハウルが出会った日の夜、ソフィーは荒れ地の魔女に魔法をかけられて、老婆の姿に変えられてしまいます(ノv`*)


ソフィーは変わってしまった姿を人に見られまいと、街を離れて隠れ場所を探しているときに、ハウルの動く城に遭遇し、そこでハウルと仲間たちとの共同生活が始まります(*´▽`*)

 

見た目も声もかっこいいけど、臆病な魔法使いのハウル
もともと地味で、老婆の姿になってしまったけれど度胸は据わっているソフィー
そして個性豊かすぎる愉快な仲間たち


この共同生活は見ていてとてもほのぼのします(☆´∀`人´∀`☆)

 

読者さんのコメントにもあったのですが、
みんなが朝食に食べてるベーコンエッグがとても美味しそうで、
一緒にたべたくなります( *´艸`)

 

ほのぼのした場面とは対極の戦争のシーンや、ソフィーやハウルの葛藤と成長や変化なども描かれていて、込められたメッセージの強さもあって、あっという間にこの映画の世界に引き込まれてしまいました(*σ>∀<)σ


私が1番ステキだなって思ったのは、臆病なハウルがソフィーから勇気をもらって、怖~い恩師のサリマン先生に対面するシーン( *´艸`)!!

 


「守らなければならないものができたんだ、君だ」

 


かっこぃぃぃぃいぃぃ~~~~~:+.゚(*´□`*)゚.+:笑
素晴らしすぎてときめきすぎて大好きです♡

 

「いつか王子様が迎えに来てくれる」
みたいなシーンが多いこの映画、そんなファンタジーを信じたい乙女の心を掴んで離しません(﹡ˆ﹀ˆ﹡)


乙女ゴコロを理解したい男性諸君にもオススメですよ( *´艸`)w